BLOGブログ

*阿智神社に行ってきたよ* 岡山ゲストハウス

こんにちは◎
倉敷研究中の「はた」です*
倉敷民藝館に引き続き、今回は「阿智神社」に行って参りました!
阿智神社は主に三柱の女神様を祭る神社なのですが、一体どんなところなんでしょう………!
倉敷美観地区の本町通りを東にずっと歩いていくと、、、

神社の東参道入り口にたどり着きます。
写真で見られるよりもっとたくさん石段が続くので、ちょっと頑張って上ります。

阿智神社 拝殿
朝から良い運動になったなぁ…
そう、朝なんです!
阿智神社はぜひ!朝の参拝をおすすめします[#IMAGE|S58#]
それはなぜか……
日供祭(にっくさい)に参加することができるのです◎
日供祭とは神様にお食事を差し上げて、お祈りをする神事のことです。
阿智神社では朝8時より拝殿が公開され、日供祭に参加し玉串を捧げるという体験ができます。
拝殿の中、つまりお賽銭箱の向こう側に入れるなんてちょっと珍しい!
日供祭がどんな感じなのかは、、、実際に確かめてみてくださいね◎
さて、日供祭が終わりなんだか清々しい気分でもうちょっと散歩します。

境内にお稲荷さんを発見!
私はお稲荷さんの狐が好きなので大変嬉しいです。
美観地区を臨める展望スペースもあります。

そのスペース天井にはなにやら不思議な羅針盤が、、

そろそろ帰ろうかな、とふと門を見上げると

なぜかうさぎが!
うさぎは表にも裏にもいました。
境内にはお稲荷さんの他にも色々な神様を祭ったお社があり、地域の方が熱心に参拝しているのもとても印象的でした。
ずっとこの高台から街を見守ってきたんだろうなあ。
敷地内にはここで紹介しきれない発見がまだまだたくさん!
清々しい気持ちで探してみてくださいね◎
有鄰庵のHPはこちら☆
有鄰庵のFBはこちら☆

この記事を書いた人

畑上 朝海

畑上 朝海

有鄰庵のゲストハウスの女将をつとめながら、デザイン部門も担当。武蔵野美術大学でコミュニケーションに関わるデザインを学ぶ。地域に根ざした有鄰庵の働き方のビジョンに共感し、2014年に埼玉から倉敷へ移住。寝ること、食べること、実家の飼い犬、稲荷の狐が好き。地域の役に立つデザインを探求中。

now loading
ページを読み込んでいます…