BLOGブログ

*音楽図書室に行ってきたよ*

こんにちは◎はたです*

今回は音楽を聴きに図書室へ行ってきました♪

図書室で音楽……??

実は倉敷には音楽を楽しむ図書室があるのです!!


「音楽図書室」があるのは倉敷市倉敷公民館の3階。

館内は落ち着いた西洋風です。


壁に飾られたステンドグラス。芸術を取り入れるところはさすが倉敷。

階段を上っていくとどこからともなくオーケストラの演奏が聞こえてきました、、、

コンサートかな……?

さらに上っていきます!

あれが音楽図書室!

音楽が聞こえるのはここからみたいですね!

この音楽図書室は1969年に、当時隣接していた倉敷市立図書館の附属施設として新設されました。

設立の発案者は倉敷の実業家、大原孫三郎の長男である「大原總一郎」であり、彼が愛用した蓄音機やレコードのコレクションが寄贈されています。

そして!

ここではその数々の名曲・名演奏を聴くことができるのです♪

聴きたい曲をカードに記入して職員さんにリクエストすればOK。[#IMAGE|S49#]

さっきのオーケストラの正体は先の利用者さんのリクエストだったみたいです◎

ところでこの図書室の資料には、一般市民が持ち寄ったレコードや音楽図書も数多くあるのだそう。

よいものをより良く、みんなで作って繋げていく

 … ってことなのかな

今も、きっとこれからも、、、!

せっかくなので私も1曲リクエスト[#IMAGE|S60#]

久々に厚みのある演奏を聴いてちょっと潤った気分です[#IMAGE|S1#]

クラシック以外にもジャズやポップス、映画音楽など色んなジャンルが揃っているので、ぜひ!お気に入りを探してみてください☆

やっぱり音楽っていいな!

有鄰庵のHPはこちら☆

有鄰庵のFBはこちら☆

この記事を書いた人

畑上 朝海

畑上 朝海

有鄰庵のゲストハウスの女将をつとめながら、デザイン部門も担当。武蔵野美術大学でコミュニケーションに関わるデザインを学ぶ。地域に根ざした有鄰庵の働き方のビジョンに共感し、2014年に埼玉から倉敷へ移住。寝ること、食べること、実家の飼い犬、稲荷の狐が好き。地域の役に立つデザインを探求中。