BLOGブログ

【11/6】美観地区で秋のアイス夜会。農家とデザイナーの新コラボ 畑でとれるアイスを味わおう

201027

こんにちは!
じっふぃーです。

寒い日が多くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

「岡山の人に、もっと岡山を知ってほしい」という思いで開催している、『有鄰庵』での「地域を知る、世の中を学ぶ夜カフェイベント」。

2020年8月に始まり、ついに第4弾になりました!

大人も子供も大好きなアイスで、岡山の農家さんを救うために活動されている、「畑でとれるアイスのお店 AOBA」を営む乙倉慎司さん。

今回はこの方に来ていただくことになりました!

『畑でとれるアイスのお店 AOBA』とは

古くより陸と海から来た人が行き交う、岡山県岡山市の京橋エリア。

30年続く京橋朝市が毎月開かれる川沿いの、すぐ目の前にそのお店はあります。

岡山の農家さんがつくる野菜や果物をまるっとそのままアイスクリームにするお店です。

aoba外観

『AOBA』では、新鮮な果物や野菜をまるごと使った、かわいいアイスを食べることができます。

『AOBA』の代表 乙倉慎司さんのご紹介

aoba乙倉さん

岡山生まれの31歳。

合同会社千日デザインアソシエーションと、株式会社1000n|畑でとれるアイスのお店AOBA、2つの会社の代表をしていらっしゃいます。

大学・大学院では建築・デザインを学び、設計事務所に就職。

その後、個人でお仕事をするになり、農家さんのブランディングや飲食事業に携わる。

2018年にとある岡山の企業さんから、「アイス屋さんをやってみないか」と声をかけられたのが一つのきっかけでした。

長時間労働の軽減、廃棄ロスの削減、規格外作物の活用、人材不足の解消など、農家さんの働き方を少しだけ後押しできるようにと、デザイナーとして活動する傍ら、2018年に「AOBA」を開店。

乙倉さんの誕生日、5月9日は「アイスクリームの日」なんです!

『AOBA』のこだわりとは

aobaのアイス

岡山の農家さんの畑に直接出向き、信頼できる素材だけを使う。

乙倉さんは『AOBA』の運営を通して、「農家さんの社会課題を解決したい」と考えています。

農家さんは日々、季節や天候によって収穫量が左右され、生ものとしての果物や野菜と向き合っています。

そこでは果物や野菜を、「冷凍」して保管することに注目。

収穫された農産物の中でも、市場価値の低い規格外・ハネ品を仕入れすぐ冷凍保存することで、出荷作業など農家さんの負担を削減できないかと試みていらっしゃいます。

農家さんから直接仕入れた果物や野菜をそのまま冷凍したあと、オリジナルアイスと混ぜ合わせることにより、畑で採れた素材の味を直に味わえるアイスに仕上げています。

そんなアイスは、中が3層になっていて、食べ進めていくと味や食感が変わり、素材の良さを存分に味わえるもの。
注文をうけてから独自製法でひとつひとつ手づくりされています。

当日はその『AOBAアイス』の実演を見ながら、みんなで一緒に食べることもできます!

aobaのアイス3種

「農家とデザイナーの新コラボ 畑でとれるアイスを味わおう」イベント内容

AOBAfreee写真

畑でとれるアイスのお店『AOBA』の代表、乙倉慎司さんをお呼びします。

アイス×デザイン×岡山の農家さんの課題解決とともに歩んでいる、乙倉さんをインタビュー形式で深堀り。

AOBA開店秘話や現在の取り組み、今後のこと、乙倉さん自身のことも聞いちゃいます。

インタビュアーは、弊社、株式会社行雲代表の犬養(わんさん)。

当日は、乙倉さんのアイスや素材の説明を1つずつ聞きながら、『AOBAアイス』をお召し上がりいただけます。

また、AOBAの『プレーンアイス』3種類もプレゼント。
その場で食べたり、お土産としてお持ち帰りいただけたりします!

・岡山のブランド牛乳「蒜山ジャージー乳」を使用した「Milk」
・卵の濃厚さをプラスした「Milk&Egg」
・植物原料でつくったヴィーガンの方にもおすすめの「SoyMilk」

好きな果物やソースなどと一緒にいただく、このプレーンアイス。

AOBAtakeOUTアイス

岡山の素材を活かしたつけあわせのソースもご用意しますので、是非一緒に食べましょう!

はれもけも 里のコンフィチュール 桃
・AOBA 人参アイスソース
・AOBA 葡萄アイスソース

AOBAのアイス写真

3種類のプレーンアイス、食べきれない分はお持ち帰りいただけます。

ぜひご自宅で、好きな果物や素材と一緒にお召し上がりくださいね!

プレーンアイスの説明

当日は会場で、お持ち帰りアイスとは別に、AOBAアイスの6つ入りセットも販売予定。

私たちのスイーツショップ『はれもけも』からは『無添加の塩キャラメルナッツ』を、イベント特別価格でご提供します!

当日のスケジュール予定

19:00 集合、受付
19:15 乙倉さんと犬養によるインタビュー形式のトークイベントスタート
20:00 AOBAのアイスを味わいながら、参加者交流会
21:00 イベント終了!またお会いできるのを楽しみにしています。

こんな人は是非お越しください!

・乙倉さんに興味がある、話を聞いてみたい方
・AOBAの取り組み、今後の活動に興味がある方
・岡山の農家さんが直面する社会課題、課題解決についての取り組みに興味がある方
・AOBAのアイスが気になっている方、食べてみたい方
・岡山の農家さんから仕入れた果物や野菜を使った素材と一緒にアイスを食べてみたい方
・お持ち帰りアイスで、AOBAの乙倉さんのストーリーとAOBAのアイスを大切な人に届けたい方

「美観地区で秋のアイス夜会。畑でとれるアイスを味わおう」イベント概要

201027

●日にち
2020年11月6日(金)

●時間
19:00〜21:00

●講師
畑でとれるアイスのお店 AOBA 乙倉慎司さん

千日デザインアソシエーション 代表
株式会社1000n 畑でとれるアイスのお店AOBA 代表

●場所
有鄰庵
岡山県倉敷市本町2-15
※駐車場は近隣のコインパーキングをご利用ください。

●参加費
3,000円(会で食べるAOBAアイス1つ、プレーンアイス3つ、その場で食べるお試しアイスソース、トークイベント参加料)

●定員
先着20名

お申し込み方法
以下2つからお選びのうえ、参加希望をご連絡ください。


・お問い合わせフォームより

・お電話より(有鄰庵: 086-697-6222)

その際、以下の項目をご連絡ください。
1. お名前
2. 参加人数
3. ご連絡先

ご注意

キャンセルの場合は事前にご連絡ください。

コロナ感染予防のため、体調が優れない方や発熱などの恐れがある方は参加をご遠慮ください。

可能な限りマスクの着用をお願いします。

最後に

岡山の人にもっと岡山のことを知ってもらえたらと、思い企画しました。

岡山の農家さんを救う為に活動されている、AOBAの乙倉さんを深堀りインタビュー。

AOBAの岡山の果物や野菜をふんだんに使ったアイスを、乙倉さんの説明やストーリーを聞きながら一緒に食べましょう。

つくり手の想いとともに、少しだけ深く、岡山で繋がりを作りませんか。

皆さまのお越しをお待ちしております!

この記事を書いた人

赤木 有真

赤木 有真

中学を卒業してからフィジーに留学。その後、大阪の飲食店を回ってピースボートのポスターを貼りまくり(2ヶ月で4,000枚!)、世界一周の旅へ。 2017年10月から有鄰庵に加わった、とってもパワフルな女の子です。趣味はやっぱり旅行!自然も大好き。