BLOGブログ

美観地区クラフトビール夜会。岡山最南端、人口60人の島のビールと出会おう

クラフトビールアイキャッチ画像

「お待ちしておりました〜!」

岡山県笠岡諸島の「六島」で、『六島浜醸造所』を営んでいる井関竜平さんは、笑顔で迎えてくれました。

井関さん写真

六島浜醸造所のオーナー、井関竜平さん。めちゃくちゃ物腰の柔らかい笑顔が素敵な方です

こんにちは。
じっふぃーです。

私の地元『笠岡市』は、大小31島々が点在する町。

その中の1つ、『六島』という岡山県最南端にある人口60人の小さな離島へ行ってきました。

todaiinmushima

六島で有名な灯台。2月には周辺に水仙が咲き、観光客も増えるんだとか

目的は1つ、昨年オープンした『六島浜醸造所』さんへ、クラフトビールを飲むため。

人口60人の小さな島で聞こえてくるのは、波の音と虫の声だけ。

そんなゆっくりとした時間の流れる場所に、六島浜醸造所というブルワリーがあります。

mushimabeer

先日撮った写真。お店のすぐ前が海なので、海を眺めながら飲めるのも最高なんです!

六島浜醸造所のオーナー 井関竜平さんは、家族とともにかつては関西で暮らしていた移住者。

幼少期から毎年島に帰る習慣があり、社会人になって初めて参加した地域のお祭りをきっかけに、島の人の温かさや島の文化に強く惹かれ、移住を模索。

2016年に、笠岡市地域おこし協力隊として、祖母が暮らす『六島』に拠点を置きました。

mushimahama

六島浜醸造所、目の前の海。イラストで書かれた笠岡諸島がとても可愛い

六島はかつて、一面麦畑だった島。

「島のかつての姿をよみがえらせ、自身で育てた麦でビールを造る」

そんな想いから、地元に伝わる情報をもとに六島で麦の栽培を数十年ぶりに復活させました。

mugibatake

島で復活させた麦畑。島の人に助けられながら、全ての工程を手作業で行っています

2019年には、島の人の協力のもと、海辺の古民家を改装して『六島浜醸造所』を設立しました。

makeabeer

島の人に協力してもらって一緒に作った醸造所。井関さんのお人柄、皆に愛されているのがすぐにわかりました

現在は、訪れる人に島の魅力を伝えるとともに、麦作りから醸造所としてビールの製造、飲食スペースの運営、イベント開催や出店などを行っています。

島を愛する彼のつくるビール、美味しいのはもちろん、どこか人の温かみが感じられるんです。

岡山県最南端、離島ビールと出会うイベントの内容

mushimabeerlogo

2020年9月11日(金)に美観地区の『有鄰庵』で行う今回のイベントでは、まず『六島浜醸造所』のオーナー・井関竜平さんの人生を深堀りします。

関西から家族で移住、離島で開業までの道のりや想い、島での麦作りやビール醸造、ビールイベント主宰などなど…。

インタビュアーは、弊社、株式会社行雲代表の犬養(わんさん)。
ちなみに、今年から、『KSBスーパーJチャンネル』の金曜コメンテーターとして出演していますよ。

当日は、六島浜醸造所で実際にお出ししているビールが1杯500円で飲めちゃいます!
ビールは、以下の2種類の販売を予定しております。

・麦のはじまり
・ドラム缶会議

すでにこのネーミングが良い…。
名前の由来や、ビールの特徴、こだわりなど、当日、井関さんからお話があります。

ちなみに私は、『ドラム缶会議』が1番好きでした! 

また、おつまみとして、わたしたちのスイーツショップ、「はれもけも」の商品の中から、お酒に合うものをイベント特別価格で提供します!

こんな人はぜひお越しください!

・六島浜醸造所や井関さんに興味がある方、話を聞いてみたい方
・モノ作り、お店作り、地域おこしに興味がある方
・岡山最南端で作る、クラフトビールに興味がある方、飲んでみたい方
・お酒は飲めないけど、話を聞いたり、六島浜醸造所の商品を買いたい方

当日のスケジュール予定

19:00 集合、受付
19:15 六島浜醸造所の井関さんと、行雲代表の犬養による、写真を交えながらインタビュー対談スタート。
    飲まれる方は、六島浜醸造所で実際にお出ししているビールを飲みながら聞けますよ。
20:00 井関さん直接サービングによるビール販売、ビール紹介、参加者のコミュニケーションタイム。
21:00 イベント終了!22時までは自由にビールを楽しんだり、参加者の方みんなでお話ししたりできます。
22:00 またお会いできるのを楽しみにしてます。

「美観地区クラフトビール夜会。岡山最南端、人口60人の島のビールと出会おう」イベント概要

クラフトビールアイキャッチ画像

●内容
岡山最南端にある 六島の『六島浜醸造所』の代表、井関竜平さんをお呼びします。

『六島浜醸造所』の開業の経緯や想い、井関さんの人生をインタビュー形式で深堀り。
当日は、醸造家・井関さんによるサービングで、2種類のビール販売、瓶ビールの物販も行います。

お酒好きな方も、飲まない方も、楽しんでいただける会になっています。

●日にち
2020年9月11日(金)

●時間
19:00〜21:00

●講師
六島浜醸造所 代表 井関竜平さん
六島浜醸造所 公式サイト

●場所
有鄰庵
岡山県倉敷市本町2-15
※駐車場は近隣のコインパーキングをご利用ください。

●参加費
以下の2つがございます。

・3,000円(通常料金。井関さんチョイスで、1,850円相当の期間限定金柑エール入りお土産ビール3本セット。)
・1,000円(未成年の方用。未成年の方は、お土産ビールなしの参加費です。)

※お酒は20歳になってから。
※運転される方は、当日の飲酒をお控えください。

●定員
先着20名

お申し込み方法

以下2つからお選びのうえ、参加希望をご連絡ください。

お問い合わせフォームより
・お電話で(有鄰庵: 086-697-6222)

その際、以下の項目をご連絡ください。
1. お名前
2. 参加人数 (未成年の方が居る場合、事前にお知らせください)
3. ご連絡先

ご注意

キャンセルの場合は事前にご連絡ください。

コロナ感染予防のため、体調が優れない方や発熱などの恐れがある方は参加をご遠慮ください。

可能な限りマスクの着用をお願いします。

mushimabeer

六島浜醸造所さんで作られているビール。笠岡諸島の名前がつけられていて、飲めば島の魅力を感じるものばかり。今回は井関さんチョイスで、お土産ビール3本セットをお持ち帰りいただけます!

さいごに

井関さんビール作り

岡山最南端、『六島浜醸造所』でビール作りをする井関さんの様子

六島浜醸造所さんに訪れて飲んだ3種類のクラフトビール、どれも美味しくて感動しました。

ビール1つ1つのストーリーに加え、六島やお店の雰囲気、井関さんのお人柄が本当に素敵なんです。

今回は「つくり手さんのことをもっと知り、ファンを増やせたら」と思い、企画したイベントです。

つくり手の想いとともに、少しだけ深く、岡山で繋がりを作りませんか。

皆さまのお越しをお待ちしております!

この記事を書いた人

赤木 有真

赤木 有真

中学を卒業してからフィジーに留学。その後、大阪の飲食店を回ってピースボートのポスターを貼りまくり(2ヶ月で4,000枚!)、世界一周の旅へ。 2017年10月から有鄰庵に加わった、とってもパワフルな女の子です。趣味はやっぱり旅行!自然も大好き。