BLOGブログ

【6/29(土)】ミャンマーとチョコレートに魅了されたなかのゆきこさんと話してみよう!

こんにちは!
スタッフのじっふぃーです。

さっそくですが皆さん、ミャンマーという国をご存知ですか?

タイやラオスに隣接する東南アジアの国です。

私が1年前に旅行で訪れた際、観光地や見どころが沢山なのに
近隣のベトナムやタイと違い日本人旅行者と全く出会わず、最初に疑問と怖さを覚えた国でした。

ただ、旅行をしていくにつれ、「英語が通じない」「ミャンマーの文字が読めない」と、旅行中に困ることが多く、日本人旅行者が居ないことへ納得した思い出があります。

そんなちょっとだけマイナーな国に約1年滞在した、なかのゆきこさん(ゆっこちゃん)がミャンマーのチョコレートについて有鄰庵でトークイベントを開催してくれます!

ミャンマーとチョコレートに恋した私の話

yukko2

出演者:
なかのゆきこさん(ゆっこちゃん)

場所:
有鄰庵
岡山県倉敷市本町2-15

日時:
2019年6月29日(土)20時スタート!
(2時間を予定しております。)

参加費:
500円(ワンドリンク付き)。
ミャンマーのチョコから作ったホットチョコレートか、ミャンマーの紅茶のどちらかをお選びいただけます。

内容:
⦿チョコレートの基本情報と東南アジアのチョコレートのはなし

⦿ミャンマーのカカオ栽培とチョコレートのはなし

⦿ミャンマーチョコレートとの出会いでミャンマー留学したはなし

⦿日本でおそらく初めてミャンマーチョコレートを使ったホットチョコレートを売ったはなし

⦿今と今後の活動のはなし

⦿質疑応答、フリートーク

なかのゆきこさん(ゆっこちゃん)とは?

yukko2

1番左が、有鄰庵ヘルパー時代のゆっこちゃん。

千葉県出身。ビルマ語科のある大学を卒業、大学院に在学中。

2年前、有鄰庵に無料で滞在しながら1ヶ月お仕事をお手伝いをしてくれていた元ヘルパー。

小さい頃から甘いチョコレートが大好きで、大学生になって初めてバイトをしたのがチョコレート専門店。

バイト代をチョコレート研究費としてつぎ込み、チョコレートの面白さにはまっていく。

また、小学生の時にミャンマーに興味をもち、留学や学校のプログラムを通しミャンマーに約1年滞在。

大好きなミャンマーと日本を繋げる活動を模索しているなか、ミャンマーのチョコレートと出会った。

今後、ミャンマーのチョコレートを使い日本でホットチョコレートを販売、疲れた時にほっとしてもらえるような場を提供しようとしている。

出演者のゆっこちゃんよりメッセージをいただきました

はじめまして!

なかのゆきこです。有鄰庵では、ゆっこ と呼ばれています!

2017年3月に有鄰庵でヘルパーをしました。

約1年、東南アジアのミャンマーに留学して、ミャンマーのカカオを追い求め、チョコレートを食べ歩きました。

日本では、そんなに情報のない、ミャンマー、ミャンマーチョコレート。

どこ? おいしいの? なんで? など、皆さんの疑問に答えながら、お話していきたいと思っています!

よろしくお願いします!

—————————————————————–

地元の方も、ふらっとお気軽にお越しください。

皆さんのご参加をお待ちしております!

この記事を書いた人

赤木 有真

赤木 有真

中学を卒業してからフィジーに留学。その後、大阪の飲食店を回ってピースボートのポスターを貼りまくり(2ヶ月で4,000枚!)、世界一周の旅へ。 2017年10月から有鄰庵に加わった、とってもパワフルな女の子です。趣味はやっぱり旅行!自然も大好き。