ヘルパーさん募集

美観地区と有鄰庵には、旅人として一泊するだけでは感じきれないものがあります。

一日の始まりを美観地区の空気の中で迎えて、有鄰庵でのお仕事のお手伝いをし、そこで一日を終えること。

その繰り返しに、「心の豊かな暮らし」を見つけるヒントが隠されているかもしれません。

有鄰庵でのヘルパーさんとしての長期滞在は、きっと特別な経験になります。

ヘルパーさんとは?

ゲストハウスのお仕事をお手伝いしてもらう代わりに、美観地区(有鄰庵内のドミトリーもしくは近隣のシェアハウス)での滞在費が無料になる制度です。

家賃と水道光熱費も有鄰庵が負担します。
(お食事は各自になります)

*期間:3週間~1ヶ月(1カ月より長期希望の方は応相談)
*時間:1日5時間程度のお手伝い
*休み:週に1日

ヘルパーさんとして手伝ってもらう内容

ゲストハウスヘルパーさんのお仕事

ゲストハウスに泊まるお客さんへの対応、ゲストハウスのお掃除、倉敷や有鄰庵の魅力の発信など、いろいろなお手伝いをしてもらいます。

皆さんの得意なことがあれば、ぜひそれを活かして有鄰庵のサポートをしてください!

  • 国内・海外各地からのゲストさんの観光案内や交流
  • お部屋の準備、宿案内、チェックインのお手伝い
  • ブログやSNSを通した、倉敷や有鄰庵の魅力の発信

ヘルパーさんをするとこんな素敵なことがあります。

  • 倉敷と美観地区の歴史など、街の魅力の本質を知ることができます
  • 伝統的な建物が並び、重要文化財もある美観地区の中で暮らす体験ができます
  • 「心の豊かな暮らし」についてのヒントがきっと見つかります
  • 代表の犬養を含め、有鄰庵のいろいろなスタッフと交流できます

有鄰庵でのヘルパー体験記

実際に有鄰庵でヘルパーを体験した方の体験記をご紹介します。

なるちゃん(生川美里さん)

滞在期間:2018年3月

こんにちは。
ゲストハウス有鄰庵でヘルパーをしていた、なるちゃんです。

私は、2017年の春に岡山にやって来た大学生。
春休みに有意義な時間を過ごせたらなと思い、もともと気になっていたゲストハウスを調べていたら、雰囲気のいいところを発見!

「良い経験になるに違いない!」と有鄰庵へやってきました。

はじめは不安もあったけど、スタッフのみんなが温かく迎えてくれて、今では第二の実家のような存在と感じています。

ゲストさんの「鍋やろうよ!」の一言で心も体もポカポカに◎ みんなで囲んで食べるごはんは格別でした!

空いた時間はゆっくり美観地区をおさんぽ。おすすめは坂の上の阿智神社から街を眺めること◎

有鄰庵の土間にある大きな木のテーブルでは、ゲストさんやスタッフが集まり、夜な夜な語り合うことも。

年齢の近い学生さんだけじゃなく、ビジネスマンや海外の方など、ゲストさんは十人十色。
色んな旅人さんの話を聞くと、自分も旅している気分になってすごく面白かったです♩

この日は偶然にも、写真家とカメラ女子が集まって魅力的な夜の美観地区をカメラにおさめていました

滞在中に「春宵あかり」という美観地区のイベントも開催されました。特別なライトアップ!

滞在中は有鄰庵のスタッフと他のヘルパーと。シェアハウスで一緒に生活しました。

みんなで買い物に行ってお菓子を作ったり、映画やドラマを観たり……。
とても楽しい時間を過ごせました。

朝、ヘルパーのみんなで有鄰庵に向かっているところ♩

有鄰庵にやってくる人は年齢も、出身も、職業もさまざま。
普段の生活では出会うことのない人たちにたくさん出会えました。

みんなそれぞれ自分の道を生きていて、刺激をもらいました。
短い間だったけど、有鄰庵で過ごした毎日が私の大切な思い出です◎

みんなありがとう!!

ヘルパーのご応募について

ヘルパースタッフにご応募される方は、下記の内容を記入してメールにてお送りください。

  1. 名前
  2. 年齢
  3. 性別
  4. 住所
  5. 連絡のつく電話番号
  6. ヘルパーを希望する期間
  7. 自己紹介
  8. ヘルパーをしてみたいと思った理由
  9. 顔写真添付(表情がわかるものであれば形式は問いません)

メール送り先:guesthouse@yuurin-an.jp
お電話でのお問い合わせ:086-426-1180

メールをいただいてスタッフからの返信後、Skypeなどでの面接を行います。