BLOGブログ

夏の風物詩。カフェ有鄰庵、今年も「かき氷」がはじまりました

こんにちは!

女将のはたです。

夏のような暑さでスタートした7月ですが、みなさまお元気でしょうか?

カフェ有鄰庵では、今年も夏の訪れを楽しむ定番メニューがはじまりました!

 

県内産の素材にこだわった有鄰庵のかき氷

カフェ有鄰庵のかき氷は地元老舗の氷屋さんから仕入れた氷を使用。

氷を削る刃の角度にもこだわって作るため、きめ細かくふわふわなかき氷に仕上がります。

今年は季節ごとに旬のフルーツを自家製ジャムにしています。

まず7月のかき氷は以下の4種類。

(フルーツの旬が終わるとまた別の新しいフルーツを仕入れて新メニューが登場します。)

【いちご】

下ごしらえから手間ひまかけて作り上げた、倉敷産いちごの自家製ジャムと練乳をトッピング。

 

【すもも】

こちらは岡山県和気町産すももの自家製ジャム 。

果肉がごろごろ、甘酸っぱくてさっぱりとしたすももの味は夏にぴったりです。

 

【白桃】

岡山県といえば桃。

岡山の白桃の中では「桃の女王」とよばれる最高品種 ”清水白桃”のシロップと県産白桃の果肉がたっぷり!

 

【抹茶】

抹茶の味わいにあずきと練乳。

毎年おなじみ、定番の人気メニューです。

 

 

この美味しさが楽しめるのは夏の間だけ!

みなさまのお越しをお待ちしております!

 

 

 

この記事を書いた人

畑上 朝海

畑上 朝海

有鄰庵のゲストハウスの女将をつとめながら、デザイン部門も担当。武蔵野美術大学でコミュニケーションに関わるデザインを学ぶ。地域に根ざした有鄰庵の働き方のビジョンに共感し、2014年に埼玉から倉敷へ移住。寝ること、食べること、実家の飼い犬、稲荷の狐が好き。地域の役に立つデザインを探求中。

now loading
ページを読み込んでいます…