BLOGブログ

倉敷と西洋アートを結ぶ、ある友情が生んだ特別な場所*

こんにちは! スタッフのゆいです^^

今マスキングテープで有名な「カモ井加工紙」さんの”mt”とコラボレーション中の大原美術館です。(このコラボは7月3日まで!)

cc896828-fa14-40ab-81ea-608992c2fe07

外観、内観ともにマステで可愛くディスプレイされ、いつもとはまたひと味違った様子を楽しめますよ♪

 

さて、そんな「大原美術館」ですが、皆さんはこの美術館が なぜ建てられたのかご存知ですか??

 

大原美術館は、当時社会に大きく貢献した実業家の”大原 孫三郎”が、画家の”児島 虎次郎”の功績を讃え、昭和5年に設立しました。

 

西洋の優れた美術作品をもっと日本の人達にも触れてもらいたい、という思いから、虎次郎は海外へ行き絵画を収集します。

 

絵画収集をしつつ自身も素晴らしい絵を描き続けた虎次郎、その才能をかい支援した孫三郎。

 

2人は歳も近く、とても信頼しあえる良き友でした。

 

この大原美術館は同じ志をもった2人の友情から生まれた特別な場所なんです。

 

ここに来れば2人の熱意と、美術への愛を感じられると思います**

ぜひ行ってみてください^^

0f87f49e-bb1c-4e22-b6d7-12990e471bc5

今ならこんな風にマスキングテープを使ったオリジナルの箱も作れちゃいますよ!♪

この記事を書いた人

新近 唯

新近 唯

ゲストハウス有鄰庵のスタッフ。顧客対応やSNS発信などゲストハウスの全般業務を担当。 有鄰庵の自由な働き方やコンセプトに共感し、2016年2月に引っ越してくる。広島県出身。趣味は旅行とフェスと、美味しいカフェを発掘すること。動物が大好きで特に猫が一番。でも猫アレルギー。

now loading
ページを読み込んでいます…