BLOGブログ

キューバの音楽ドキュメンタリー映画「Cu-Bop」の上映会を行いました

バルビゾン「Cu-Bap」上映会

2017年4月16日(日)、新古民家再生空間「バルビゾン」で、キューバの音楽ドキュメンタリー映画「Cu-Bop(キューバップ)」の上映会を行いました!

バルビゾン「Cu-Bap」上映会

これは、有鄰のスタッフであるさなえさんがこの「Cu-Bop」の監督である高橋慎一さんとお友達で、ぜひバルビゾンで上映会をやりたい!という熱い気持ちで実現してくれたもの。

僕ももう何週間か前に、さなえさんたちとバルビゾンでこの映画を観ました。
まずもちろん音楽がめっちゃよく、キューバのミュージシャンのハートは熱くてハングリーで、かといって肩肘張らずに楽しく観られるドキュメンタリー。

こんな良作なのに、岡山では上演してくれる映画館がないので、今回さなえさんを中心にこの企画を立ててくれました。

バルビゾン「Cu-Bap」上映会

「バルビゾン」はもともと和と洋をあわせたお宿の空間にしていますが、この日は入り口に「Cu-Bop」の書を飾りました!

これも、有鄰の仲間である陽ちゃんが書いてくれたもの。
僕は(自社のイベントながら)この書がめっちゃいいなー!と思いました。
うん、この書のおかげで、この上映イベントがさらにユニークなものになった感がある。

今回、岡山県内で他にもこの映画の上映イベントがあったにもかかわらず、バルビゾンにもいろんなお客さんが来てくれました。

バルビゾン「Cu-Bap」上映会

上映後には、高橋慎一監督のトークも。

高橋監督ともお話させてもらいましたが、こんな熱いドキュメンタリー映画を撮った方とはちょっと思えないほど物腰が柔らかく、それでいていろんなものに子供のように興味を持っている方でした。

バルビゾン「Cu-Bap」上映会

バルビゾン「Cu-Bap」上映会

このイベントの参加費には、こんな軽食も含まれてます。

これは、さなえさんやバルビゾンスタッフののくちんが、中南米料理をつくってくれたもの。
いやー、和と洋の空間であるバルビゾンに、中南米の風が吹いてます!笑

バルビゾン「Cu-Bap」上映会

終了後、監督をまじえて記念撮影。

バルビゾン「Cu-Bap」上映会

高橋監督はもちろん、さなえさんやのくちんたちスタッフのおかげで、いいイベントになりました。

バルビゾンでは、今後もいろんなイベント開催を増やしていきたいと思っています。

また、主に日中の場所貸しもしてるんですよ。
場所貸しをご希望の方は、以下からお願いします!

倉敷・古民家イベントスペース[Barbizon/バルビゾン] | スペースマーケット https://spacemarket.com/spaces/barbizon/rooms/q-_tZ0D_jwE8tRsV

この記事を書いた人

犬養 拓

犬養 拓

有鄰庵(株式会社有鄰)の代表取締役。母方が倉敷にゆかりの深い大原家ということもあり、愛着のある倉敷のために2015年1月より有鄰庵に加わり、2016年7月から代表に。 「心の豊かな暮らしを創る」ことを目指す。 好きなものはリラックマ。