BLOGブログ

いぐさ植え付け体験*

倉敷市の隣町の早島町で、いぐさの植え付け体験をしてきました*

いぐさは畳の原料で、かつて早島町はいぐさの生産が盛んな地域でしたが、様々な要因があり現在は農家さんがゼロとなっています。

そこで「いぐさゲストハウス」のメンバーが主体となり、地域の方々・全国からのボランティアの皆様の協力によって、今回三年目の植え付けとなりました。

いぐさは冬の寒い時期に植え付けをするので、田んぼが凍っているんです!

DSC_2619 DSC_2634

準備していただいた苗を渡してもらい、いぐさゲストハウスのスタッフさんと地元の方から植え付けの仕方を教えていただきます。

DSC_2637 DSC_2664

みんなで一緒に、植え付けです◎

やる前は冷たそうと思っていたけれど、夢中になって冷たさはあまり感じませんでした。

DSC_2705 DSC_2693

終わった後、みんなでバンザイ!

DSC_2731

最後は集合写真を撮って、時間がある人はそれぞれご飯を食べました。

DSC_2751

 

地域の伝統を次の世代に残すことは簡単なことではありませんが、皆さんの協力をいただきながらだったらできる気がします。

私たちの活動が少しずつ広がればいいな、そんな風に思っています。

 

次の世代に伝えたいこと。
次の世代と一緒に残したいこと。
 
ここだからやる意味がある大切なことを体験させていただきました。

 

興味のある方は、いぐさゲストハウスの活動を見ていってくださいね。

*いぐさゲストハウスHP http://www.igusagh.com/

*いぐさゲストハウスFacebook  https://www.facebook.com/igusa.clip/

 

*有鄰庵Facebookページへ

https://www.facebook.com/urinan/

*有鄰庵HPトップページへ

http://yuurin-an.jp/

この記事を書いた人

urinan

urinan

有鄰庵のスタッフです。2016年11月以前に書いた記事は、全てこのアカウントが「書いた人」になっています。