BLOGブログ

関東出身のスタッフが惹かれた〝倉敷の夏〟とは?

こんにちは◎

埼玉県からやってきたゲストハウススタッフの はた です。

 

この夏は私にとって、

倉敷で過ごす初めての夏なのですが

最近商店街の辺りでこんなものを目にします。

 

写真 2015-08-15 11 42 13

 

軒先に吊るされた、ゆらゆら。

提灯のようなゆらゆらは涼しげで、、、

 

写真 2015-08-15 11 42 40

 

とっても綺麗なのですが、

関東からやってきた私には初めてみるもの…!

物珍しくて、思わずたくさん写真に撮っちゃいます。

 

写真 2015-08-15 11 42 54

 

至る所に。

 

写真 2015-08-15 11 59 22

 

よくみるとマスキングテープ

 

写真 2015-08-15 12 03 07

 

近くのお寺さんのものはちょっと大きくて立派な感じ。

どうやらお盆の飾りのようです。

 

写真 2015-08-15 11 43 43

 

 

老舗の和菓子屋さんのものは綺麗な朝顔の絵。

 

写真 2015-08-15 11 44 34

 

ゆらゆらがリボンになっているお洒落なものも。

 

写真 2015-08-15 11 44 00

 

写真 2015-08-15 12 00 08

 

お店の雰囲気に合わせて図案もさまざま。

 

地元の方にとってはごく日常的なものなのかな?

 

東西の違いを楽しみつつ

 

この街では日本ならではの

季節の暮らしを一層感じられる気がします。

 

 

倉敷ゲストハウス有鄰庵のHPはこちら*

倉敷ゲストハウス有鄰庵のFBはこちら*

 

この記事を書いた人

urinan

urinan

有鄰庵のスタッフです。2016年11月以前に書いた記事は、全てこのアカウントが「書いた人」になっています。